蛇口の水漏れの原因や対処法

蛇口の水漏れの原因や対処法 蛇口を使っていないのに、ポタポタと水漏れが起こっている時は素早い対処が必要です。慌てず行動できるよう、トラブルを見つけた時の対処法を知っておくとよいです。場合によっては自分で解決できるトラブルもあります。自分で修理できる場合や、プロに依頼した方がよい場合を判断することも大切です。蛇口の単水栓は水漏れ発生箇所が限られているので、原因を特定しやすいです。


■蛇口の水漏れを発見した時

少ししか水が漏れていない時は、DIYで対応できるケースがあります。水が少量漏れている時は、部分的にパーツの取り換えだけで直ることが多いです。一方大量に水が出ている時は、水道修理業者に相談した方がよいです。部品の取り換えが自分の手に負えない時も、プロにお願いした方が早く解決しやすくなります。
水漏れの原因がわかっている時も、自分で対処しやすいです。原因がわからない時は、水道修理業者に点検してもらうとよいでしょう。水のトラブルが発生したら、止水栓を止めなくてはいけません。マンションやアパートの集合住宅の場合は、一度管理会社に連絡してから止水栓を止めてください。蛇口へと水を運ぶ給水管の所にもハンドルレバーがあるケースもたくさんあります。トラブル時はハンドルレバーを閉め、水を止めるのも一つの手段です。ハンドルレバーを発見できない際は、止水栓をストップさせましょう。

■蛇口の水漏れの原因が不明な時
水漏れを起こしていても原因が不明な時もあります。そのまま放置していたら被害が拡大し、水道料金が高くなります。自分で原因を特定するには、止水栓で水の出る量を調整し様子を見るとよいです。時計回りに止水栓を回すと水の出る量が少なくなり、半時計回りに回すと多くなります。止水栓を回して水漏れの量に変化があれば、部品などのゆるみが考えられます。
また蛇口自体に何らかの不備がある可能性も高いです。蛇口のナットを専用の工具を使用し閉めてみてください。ただしナットは強く閉め過ぎないようにしてください。パッキンは劣化しやすいので部品の取り換えが必要な時もあるでしょう。蛇口 交換をする際は、水栓の大きさも知っておくことが大切です。家庭用水栓は約20mmから32mmでおもに3つのタイプがあり、直径を測定しホームセンターで揃えておくとよいです。

■単水栓の水漏れについて

蛇口は、単水栓と混合水栓があります。水栓の数が1つだけのタイプを単水栓といい、パイプの先端からポタポタと水が出やすいです。水量を調節するケレップという部品が損傷している可能性が高く、ケレップを取り換えなくてはいけません。水道代を抑えたい方は、水量を減らすタイプのケレップに交換してもよいでしょう。
単水栓の水のトラブルはパイプの付け根でも多く起こり、三角パッキンを外すと解消される時もあります。他にも壁と水栓の隙間から水漏れは起こります。壁の中に埋め込む水栓の劣化によるものです。ネジ山にはシールテープが巻かれているので、蛇口を壁から外し壁の中にあるパイプ内を掃除してください。シールテープを外し新しい物を巻き付けるとよいです。

■まとめ
普段と同じ生活を過ごすためにも蛇口の水漏れは早めに解消しましょう。水回りの部品は様々なタイプがあるため、同じ規格の部品を揃えてください。パッキンの取り換え作業は難易度が低く素人でも修理しやすいですが、誤って設置すると被害を拡大する可能性もあります。パーツの取り外しはできても、きちんと元の状態に取り付けるのも困難です。
自分で修理するのは自信がないと感じる方は、迷わずプロに依頼しましょう。プロに依頼すれば詳しいトラブルの理由を教えてくれ、専門の技術と知識で無駄のない修理を行ってくれます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース