混合水栓の水漏れ修理に必要な物や発生箇所

蛇口の寿命は約10年とされており、不備が起こると水漏れしやすくなります。水道の蛇口は大きく2タイプに分類でき、一つはハンドルタイプの混合水栓です。もう一つはシングルレバー水栓です。シングルレバータイプの混合水栓は新築の家にはよく設置されています。ハンドル水栓は蛇口をひねるタイプで、昔ながらの家によく見られます。混合水栓の不調の改善は、タイプによって揃える部品や修理方法も変わります。

■混合水栓の水漏れに必要な物

基本的に、混合水栓の水道 修理に必要なのはスライドレンチです。スライドレンチとはナットを開閉するための工具でホームセンターでも購入可能です。細かな部品を取り外すため、精密ドライバーやピンセットも準備してください。他にも蛇口を外すための専用レンチやドライバーなども必要となります。
混合水栓を直すのは困難に思われがちですが、自分で直して解決する人も少なくありません。シングルレバータイプの場合はバルブカートリッジ、ハンドルタイプはパッキンの取り換えだけで水漏れが直るケースもよくあります。パッキンには三角パッキンやコマパッキンの2タイプあるので、事前に準備しておくとよいです。水栓を分解しパッキンを取り換えます。

■水漏れが生じる箇所を調べる

工具を準備したら次は水漏れ箇所を特定しましょう。蛇口付近の水漏れはレバーの下から起こりやすいです。蛇口の水が流れる本体部分をスパウトといいます。スパウトの上や下からも不備が生じやすいです。排水設備と蛇口のつなぎ目でも起こることが多いです。
ハンドルタイプの場合、ハンドル下で生じやすいです。ハンドル部分からポタポタ水漏れを起こすこともあります。ハンドルタイプは、スパウトも消耗しやすく不備が起きやすい部分です。水が出てくる吐水口の不備もよく見られ、吐水口は徐々に消耗するため、最初はにじみ出るように水漏れが生じます。

■まとめ
蛇口の部品の中でもパッキンは劣化しやすいですが、取り換え方法が簡単です。作業をする前は必ず止水栓を止めることも忘れてはなりません。止水栓は水道メーター付近にある家もあります。必要な物を揃え自分で修理したら必ず水が出るか確認しましょう。
もし取り換えや修理が自分の手に負えないと感じた時は、お近くの水回りの不備に関する業者に依頼しましょう。業者により修理費用は異なるので、見積もりを取ってもらってください。水回りの不調は蛇口の他から生じる時もあります。正しい要因を知りたい人はプロに依頼するとよいです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ